TV会議の運用支援

 近年、TV会議システムを活用した遠隔地との会議や遠隔教育がさまざまな分野で行われています。
 特に、最近ではTV会議においてもHD化が進み、また、インターネット回線の高速化に伴い高解像度の映像やコンテンツの共有できるようになり、ますますよりリアルで効率的なビジュアルコミュニケーションが実現できるようになりました。
 また、世界のグローバル化に伴い、国内のみならず海外の関連企業・組織等との連携が重要になってきていることから、海外とのTV会議の需要が高まってきております。
 一方で、最近の著しい高度情報化社会に対応するため、企業・組織内においてさまざまな情報セキュリティ対策が取られていることから、外部とのアクセスが容易ではなくなってきております。 このような状況から、TV会議で外部企業・組織等と接続する際に不具合が発生したり、発生時における障害の切り分けが難しくなってきております。
 また、TV会議システムのHD化が進む中で、まだHD非対応のTV会議システムや周辺機器が混在しているため、TV会議システムの運用が非常に難しくなってきております。
 AVCCでは、こうしたTV会議の諸問題を解決し、迅速で効果的なTV会議を実現させるために、TV会議システムの導入時の技術的サポートから、TV会議予約管理、接続のオペレーション、障害対応までトータル的に運用を支援致します。

【AVCCのサービスの内容】
・導入時の技術的サポート
・TV会議システムを活用した遠隔教育・セミナー実現へのサポート
・TV会議予約管理 (※別途予約システムが必要です。)
・接続における技術的サポート(外部接続含む)
・遠隔教育・セミナー等における進行サポート
・遠隔教育・セミナー等で利用するコンテンツ作成サポート
・TV会議の接続オペレーション (MCU・端末操作)
・会議室のオペレーション
・障害対応
・会議時の録画・編集サポート
・利用統計
・TV会議システムのメンテナンス
・情報管理
・システムリプレース時の技術的サポート
・会議室リニューアル時の技術的サポート

【実績例】
 独立行政法人国際協力機構(JICA)の委託を受けて、JICA が運用する TV会議システムの機能を最大限に活用し、より効果的かつ効率的な技術協力、有償資金協力、無償資金協力等の ICA 事業を実現すること、及び事業の機会拡大に資することを目的として、TV会議システムの運用業務を実施しています。
 具体的には、本運用業務に必要な業務従事者を JICA 内に配置し、JICA 本部 TV会議室、国内拠点、在外拠点等を結んでの TV会議実施業務やそれに付随する共通業務を行っています。