AVCCについて

AVCCはお陰さまで50周年を迎えました

 AVCCは、「財団法人 視聴覚コンサルタントセンター技能訓練協会」として1966年6月15日労働大臣に認可され、1972年には文部大臣認可「財団法人 視聴覚コンサルタントセンター(Audio Visual Consultant Center)」として、視聴覚メディアの活用による職業訓練、企業内教育、学校教育、社会教育の充実をミッションとし、教材開発・システム設計・利活用研修を三位一体で推進してまいりました。その後ICT(Information Communication Technology)の進展に伴い、1998年、「財団法人 高度映像情報センター(Advanced Visual Communication Center)」と寄附行為を変更、ICTを活かした「人と人の絆と地域の再生」「ITデバイドの解消」といったコンサルティング事業、いつでも、どこでも、誰でも学べる、民設民営の公民館「霞が関ナレッジスクエア」事業を推し進め、2013年 4 月 1 日より「一般財団法人 高度映像情報センター」として新たなステージに立っております。
 戦後の復興期に、16mm フィルム「結核の生態」と映写機を抱え全国を駆け巡り、津々浦々の人々に「学び」「健康」「幸せ」を伝えた創業者久保田致長氏の"熱い思い"を継承し、変化が常態化する厳しい時代に向かい合っております。
 お陰さまで2016年6月15日、公益法人認可より50周年を迎えることとなりました。これもひとえに、長きに亘りご愛顧賜りましたお客さま、AVCC賛助会各社さま、共に支え合うメディアリンクの皆さま、そして日本中を駆け回ってきたAVCCスタッフの皆さまのお陰であり、衷心より厚く御礼申し上げます。
 AVCCは、引き続き次の50年に向けて、ICTを活かした、超高齢社会への挑戦、人と人の絆と地域の再生、何時でも何処でも誰でも学べる社会の実現に向けて進んでまいります。今後もご支援ご協力を宜しくお願い申し上げます。

 
平成28年6月
一般財団法人 高度映像情報センター(AVCC)
理事長 久保田 了司
正式名称 一般財団法人 高度映像情報センター
(略 称) A V C C (Advanced visual communication center )
(旧名称 :財団法人 高度映像情報センター)
創立年月日 昭和37年 6月15日
代表者 理事長 久保田 了司
所在地 東京都千代田区霞が関三丁目2番1号
[TEL]03-3239-1121
[FAX]03-5157-9225
沿革 昭和37年 6月 任意団体「視聴覚コンサルタントセンター」設立
昭和41年 6月 労働省認可の財団法人となる
昭和49年 7月 文部省の認可を受け、両省共管となる
平成10年10月 財団法人「高度映像情報センター」と名称変更
平成25年 4月 内閣総理大臣の認可を受け、一般財団法人へと移行
プライバシーマークを取得しています。
ISO27001を取得しています