AV設備の保守・運用支援

 導入したAV設備等の運用について、スタジオ設備、ホール設備等複雑なシステムや、イベント時などにおけるオペレーションについては高度な専門の技術者が行う必要があります。また、AV設備を複数要する施設などについても専門の技術者を配置することにより効率的に施設の運用を行うことができます。なお、導入したAV設備、システムについてサービス運用を続けるにあたっては設備の維持管理が必要で、これについても専門の知識を持った技術者が行う必要があります。
 パソコン等の情報機器の維持管理についても、ソフトウェアの更新やセキュリティパッチの適用を行う必要があり、これについても一部専門的な知識が必要な場合があります。維持管理における保守の考え方については、障害時におけるスポット対応の他、定期的な点検業務、ソフトウェアの更新業務などがあります。点検を定期的に実施することにより利用停止につながる障害を未然に防いだり、万が一、障害が起きた場合も点検時の状況を把握していることにより迅速に復旧対応することができます。


【主なサービス内容】
・生涯学習施設AV設備運用業務
・公共施設・学校等映像音響機器保守業務
・ネットワーク設備保守業務
・パソコン機器保守業務
・デジタルサイネージ配信システム保守業務
・映像制作研修業務
【実績例】
(独)高齢・障害者雇用支援機構
・障害者職業総合センター研修室情報機器メンテナンス業務

(財)松戸市文化振興財団
・松戸市文化会館の大小ホール、レセプションホールに設置されているホール映像収録システムの定期点検、保守
・松戸市役所、松戸市文化会館、JR松戸駅に設置されている電子情報配信システムの定期点検、保守
・松戸市文化ホールに設置されているPC情報機器、AVシステム、ノンリニア編集システムの定期点検、保守

学校法人昭和女子大学
・昭和女子大学一号館、研究館、80年館に設置されているAVシステムの定期点検、保守

学校法人愛知大学
・愛知大学東京事務所に設置されているPC情報機器の保守

学校法人松本歯科大学
・各会議室、教室、共有設備のAV・情報設備の定期点検及び緊急時点検業務

保守業務の例